フラット35を利用するには委任状が必要になるときがあります

フラット35は、金利の上昇を気にすることなく借り入れ、返済が出来るのがメリットですね。
借り入れの条件には、住宅の機能についても審査基準がありますから、基準をクリアしている物件であることを証明する必要が出てきます。
各検査や申請を業者に任せるには委任状が必要なこともあります。
本人が申請すべきとなっていても、業者にお願いした方がスムーズなこともありますから、委任状を使って手続きを行ってもらいましょう。
設計住宅性能評価や、住宅担保瑕疵保険を受けての手続きは、通常検査に比べて省略出来るものが多くなりますから、便利ですし、業者にお願いしてすすめてもらえば確実ですね。
住宅金融支援公庫のホームページに申請書類の種類など掲載されています.